MENU

サワシリン,副作用

淋病・梅毒などの感染症の治療に効果的な薬

サワシリンの副作用

サワシリン,副作用

 

風邪や感染症などを発症したときに数多く処方される場合のある『サワシリン』という抗生物質があります。

 

サワシリンは様々な様相に効果を発揮する結果、重宝されます。

 

様々な様相に処方されるサワシリンだが、お薬ですのでさすが、副作用が出てしまうこともあります。

 

サワシリンの副作用

抗生物質のサワシリン自体は安全性が厳しく、副作用はあらわれ辛いのが特技だ。

 

但し、サワシリンには、副作用であらわれ易い様相が4つあります。

 

薬の効果と同様に、副作用にも個人差があります。

 

著しくあらわれてしまうこともあれば、全然あらわれないこともあります。

 

サワシリン,副作用

 

①下痢が起こる
サワシリンの副作用でベスト多いのが下痢だ。何より、坊やに下痢の副作用があらわれ易いだ。

 

長期的にサワシリンを服用していると軟便にもなりやすいだ。

 

下痢が起こる原因には、サワシリンの有益もとが腸心理のばい菌割合を乱してしまうからだ。

 

軟便からには、全然気にしなくても大丈夫です、下痢が長年続いたり、血便が出てしまった場合は医者に相談して対応して下さい。

 

②発赤が起こる
マンネリにもよりますが、発熱やかゆみが起こり、健康に狭いブツブツができる場合があります。

 

こういう様相は、『薬疹』と言います。薬疹はサワシリンに過敏に反動して起こります。

 

発赤の様相があらわれたら、すぐに飲用を止めてください。

 

※アナフィラキシー損害という様相が見つかることはほとんどありません。

 

但し、蕁麻疹の様相があらわれたり、顔付きや口あたりに浮腫が伸びるといった、損害様相の前触れの可能性があります。

 

前触れがあらわれ始めたら注意してください。

 

サワシリン,副作用

 

③眠気が起こる
サワシリンの飲用後に、人によっては、眠気を感じてしまうことがあります。

 

眠気を深く見まがう人様は、マイカーの移動や頭上での事務などはまったく危険です。

 

サワシリンを服用する際は、マイカーの移動や頭上での事務をしないことを確認してから服用して下さい。

 

④皮膚系の副作用が起こる
ごく希にですが、重篤な副作用が皮膚に生まれることがあります。

 

様相は、皮膚の表面がでかいで赤くなったり、唇がただれたり、熱量、視線の充血、まぶたの腫れたりすることがあります。

 

全身の疲弊や食欲不振、皮膚の灼熱感じなども見られます。

 

サワシリンメインへ

このページの先頭へ