MENU

サワシリン,飲み方

淋病・梅毒などの感染症の治療に効果的な薬

サワシリンと服用方法と注意点

サワシリン,飲み方

 

医師の診断のもと、サワシリンが処方された場合、服用方法などに注意点がありますのでご確認をお願い致します。

 

服用時の注意点

サワシリンは、成人の場合、通常1回に1錠を1日3~4回服用します。

 

1回1錠の服用で、約4~6時間の効果が得られます。

 

通常は食後などの服用をするかと思いますが、服用方法は症状によって異なることがあります。

 

そのため、処方された人が必ずしも同じ服用方法とは限りません。

 

服用量や服用時間は、症状により異なりますので、必ず医師の指示通りの服用方法をしてください。

 

もし、服用するのを忘れてしまったら、気づいた時点ですぐに服用してください。

 

しかし 、服用を忘れてしまい、気づいたときには次の服用時間が近いケースもあります。

 

そのようば場合は、1回分は服用しないでください。

 

一度に2錠服用すると、血中濃度が高くなり、副作用があらわれやすくなります。

 

一番重要な点

サワシリン,飲み方

 

症状がおさまったからといって、サワシリンの服用を自分の判断で止めてしまったり、服用量を減らすことです。

 

正しい服用方法をしないと、サワシリンの効果が得られなくなります。

 

サワシリン以外の抗生物質も同様で、正しく服用しないと原因菌やウイルスを死滅させることができず、症状を悪化させてしまったり、再発させてしまうこともありますので、医師の指示通りの服用をしてください。

 

服用する際は水

ほとんどの薬がそ うですが、薬を服用するときは、基本的には水またはぬるま湯で服用してください。

 

お茶なども控えたほうが良いです。

 

サワシリンを服用するのにお酒で飲んでしまう人もいますが、絶対してはいけません。

 

また、お酒を飲む前や飲んだ後のサワシリンの服用も危険です。

 

お酒には血管を広げる作用があるので、薬が効きすぎてしまい副作用が強く出てしまうケースがあります。

 

サワシリンの効果を最大限発揮

サワシリン,飲み方

 

先程、サワシリンは水で服用してくださいとお伝えしました。

 

しかし、冷たい水で服用すると、体内で薬が溶けづらくなるので、サワシリンの効果を実感するまでに時間がかかってしまています。

 

サワシリンの効果を最大限発揮させるには『37度のぬるま湯』が推奨されています。

 

また、サワシリンを300mlのぬるま湯で服用した場合と、50mlのぬるま湯で服用した場合を比べた実験では、300mlのぬるま湯で服用した方がサワシリンの吸収率がよく、血液中の血中濃度も上がりやすくなり、薬の効果が得られやすいという結果が出ています。

 

特に、有効成分にが含まれているサワシリンは、このような傾向が強く出ることがわかっています。

 

サワシリンの効果を最大限発揮させるには「300ml以上のぬるま湯で服用」することです。

 

サワシリンTOPへ

このページの先頭へ